面接試験はすでに電話から開始されてる事実

面接の意義

 転職において、絶対欠かせないものそれは面接。持っている限りの自己アピールをできる時間です。

人事採用担当者の思い

 私自信これまで多くの転職活動を行ってきた経験と、さらに人事採用担当職に携わった経験を通して感じる転職活動の重要なポイントそれは電話です。転職の面接本番に至るために行うアポイントの電話こそ採用担当者にとりましては重要な採用に関する意味を持ちます。

求人募集時の社内の様子

 それは、求人募集を行ったときに今回はどんな応募者が来るのか?と担当者をはじめ社員全員興味津々とても気になるからです。いずれ自分たちの同僚や部下になるから当然と言えます。応募の電話がかかる度にその応募者の印象や人物像について、
社内で語られる事がよくあります。つまり、実際は面接や試験等により合否が決まる訳ですが、ファーストインプレッションの電話にて聞いた情報をもとにして、ある程度応募者の人物像が出来上がってしまうものです。当然、その印象は面接でくつがえす事はもちろん可能です。

電話を受けた担当者の所感

 ただ、面談する前だからこそ採用担当者はその電話において多くの情報を得ようとするものなのです。その情報とは、応募者の年齢であり経験であり言葉づかいであり一般常識やその他のことがらです。

最も大事な転職活動のツボ

 これから、転職活動を控えたあなたにお伝えしたい転職のコツは第一印象の与える大きさです。面接時における第一印象ももちろん大事ですが、何よりそこに至る前のアポイントの電話をかける時には、すでに採用試験が始まっているという意識を持って頂きたいのです。